CADの使い方は

設計の現場を考えると、今や手書きで図面を引くようなことはありません。
正確性に欠けるということもありますが、スピードを考えた場合にはCADを使うほうが確実だからです。


精度ということを考えても、CADは非常に優れているといえるでしょう。
失敗も修正することができますし、様々な線の太さも一瞬で選択することができます。
線の揺らぎもありませんので、あとからスケールが狂う心配もないのです。


今やCADは設計になくてはならないものです。
しかし、どんな使い道があるのかは、使っていない人からは今一つ見えてこないものでしょう。
転職を考えている人の中には、CADオペレーターを目指す人もいるでしょう。
ですが、使ったことがなければ漠然としすぎていて、どんな仕事なのかも明確にわかっていなかったりもするのです。


仕事で既に使っている人でも、他の分野でどうやって使っているかは、意外とわからないのもCADの世界です。
2次元図面だけを引いている人もいますし、3次元図面を得意とする人もいますが、それぞれ違う使い道ですので、理解は難しかったりします。


種類としても、AutoCADやJW_CADがありますし、それぞれに特色が存在します。
得意としている分野にも違いがあり、利用方法も異なりますし、価格にも違いがありますので、導入企業も異なります。
CADという存在が浸透してきているからこそ、利用方法も明確に知っておかなければいけないといえるでしょう。


すでに利用している人でも、改めてどんな使い方をしているか知ってみるのもいいでしょう。
知識を深めることによって、CADに対する考え方も変わってくるからです。


Copyright © 2014 CADの使い道 All Rights Reserved.